Home > 2019最新情報
題目 シンガポールで注目すべきそのブランド
作者 secbrand
作成日 2019-10-29

シンガポールの3分の2を占める中国系のおかげにアールfit初雪には日本の街の風景と似ている。しかし、事実、シンガポールの女性たちのファッションスタイルは、日本に比べて、より果敢な面があるが、多様な人種が集まって暮らしている上、西欧圏の影響をたくさん受けて、伝統的な北東アジア都市に比べてコスモポリタン・らしい感じだ。天気せいもあるが、オフィスルック用また、日本の基準では少し露出がやり過ぎですもここでは自然だ。
数年前に比べてますます現地のデザイナーたちの活躍が目立つ最近、シンガポールのローカルファッション界でよく見かけるブランドのストーリーがあるとすれば、おそらくその名前から 激安メンズファッションではないかと思う。名前だけではなく、特有の果敢なカットが人気になったが、まさに女性の背中を強調するデザインがこのブランドの全部を貫く一貫したテーマである。
短いショートパンツを履いたり、ミニスカートを履くなど下半身を現わす姿はアジアではよくあるが、背中を露わにした場合は特別なパーティーのためのカクテルドレスでない以上、なかなか見ることができないのが事実だ。シュプリームはそのような固定観念をなくしたいと思う。

興味深いことに、ブランドの創業者であり、デザイナーであるエリン・ウォングは、ファッションを専攻しなかった。・オギルビー・アンド・マザーで、クリエイティブ・グループのヘッドで16年を働いたが、依然として彼女は何か喉の渇きが満たされていない感じだった。他の方式で自分の創意性の潜在力を探検してみたかったし、それは、業界のあるかは関係ないと思った。そこで考えたのがファッションだった。
あるインタビューでエリンは、自分のデザインの最大の影響力を与えたのはだと明言したが、素材を加工せずに生のまま使用し、一般的な美的基準ではまるで締め切れていないような印象を与える方法が、本人には飾らず率直で強い魅力を感じさせたという。
88のコレクションにはパチパチと薄くて中が透ける織物のオガンザが多く使われるが、女性の体に付く素材で体のシルエットを活かすのではなく、むしろ前部の線は強いようにするが、普段はあまり見られない女性の背中を強調することで新しい方式のセクシーさを作り出した
シュプリームは独特のファッションウィークキャットウォークでも有名だが、特に2016年に披露した芸術的な演出で多くの人気なった。モデル一人一人が一つの彫刻品のように停止されている ダンスを踊ったり、マイム演技をするような演出で、その年のシンガポールファッションウィークで最も印象を残したブランドに選ばれたこともある。
建築とファッションの両方が構造が中心になっているという面で魅力を感じるというエリンのようにシュプリーム激安が好きなファンもまた強いラインと女性美が共存する特別さに陥るマニア層が多い
また、毎シーズン発表する正式コレクション以外にというプロジェクトで世界の多様な都市の女性たちの中でシュプリームのブランド言葉と通じるスタイルを紹介しているが興味深い。

       前ページ:supreme 安いの華奢なS/Sベージュスーツ      次ページ:週末にsupreme 安い売り場に見物に行った
CONTACT
050-4560-1300
MON~FRI:AM 10:00~PM 05:00
LUNCH : PM 01:00 ~ PM 18:00
SAT,SUN,HOLIDAY OFF
EMAIL: secbrandjp@gmail.com
MYSHOP INFO
スマホ板はコチラ LINEでお問い合わせ
INFORMATION
会社名:secブランド
取締役 :山本俊介
店舗連絡先:secbrandjp@gmail.com
電話番号:050-4560-1300
住 所:和歌山県田辺市新万5-24川根アパート
secbrandjp@gmail.comにメールして注文することも可能です。