Home > 2019最新情報
題目 ルイヴィトンのバッグ修理ヴィトン
作者 secbrand
作成日 2019-03-13

ルイヴィトンパレルモモデル革の交換事例です。
ネバーフルバック革の交換SECブランドで〜ルイヴィトンのバッグ修理
ネバーフルレザー交換作業です。ネバーフルレザー全体の交換修理
革の交換で受付が真多いですね。
それだけ歳月が流れても人気が安定します。バッグは使用する真楽。
古い革は写真のように割れて。トゥトギョいきます。
必ず紙破れジドゥトあり。それだけ耐久性が弱くなります。
ミシン糸やっと延命しているのです。
ラットがかじっ食べるようトゥトギョ出た革は、すでに寿命を尽くしました。
韓国 supreme新しい革に交換すると、再利用が可能です。
ネバーフルバックはレザーがハンドルと上部枠両側のひも付きがあります。
その中で最も毀損が早く発生する部分がひも付き革です。
切れて壊れた革を事前に離してお使いになる方が多い理由もこれです。
このように切ってお使いの方も多くいらっしゃいます。
切断すると、ガタガタガタガタ走っているのがビューが嫌ですね。
そしてハンドストラップが切断され毀損になります。

このように、破壊された革を新たに作成交換する作業になるでしょう。
ブログにルイヴィトン修理事例を見ればネバーフルバッグが本当に多いです。
ネバーフルバックとスピーディバックはルイヴィトンを代表するバッグです。
私たちのSECブランドではバッグ交換時に洗濯がサービスに行われます。
ほこりや汚れを見てください。
十数年間一度も洗濯をしていないときやほこりがどの多いでしょうか?
生まれ変わったLOUIS VUITTONコピーネバーフルバック!
革の交換修理完了しました。
新しい革に交換したため 再び長く使用可能です。
ライン作業やシルセクサン太同様合わせ作業していた。
交換後の革なめしを介して使用感トーンダウンをさせています。
ひも付きが切って持っていないたため ルイ・ヴィトンのロゴの入った装飾とDリング、新た入手製作差し上げたんです。
今、もう一度引いたが締め解くひもの形で使用することができます。

交換後の内部と外部は洗濯により、 テタムや汚れを最大限に除去したいよ
再利用のに汚れや異物などがそのまま残っている場合。
どの表示嫌でしょう?ホコリや異物が交換した革に乗る可能性ドックですね。
バッグランドリー作業がそれだけ重要です。
ルイヴィトンのバッグ修理革の交換全体交換時のメリットを差し上げますので、多くの関心お願い致します。

       前ページ:ニールバレットスニーカー      次ページ:オフホワイト革の表面にはひび割れや不健康肌が見えてた
CONTACT
050-4560-1300
MON~FRI:AM 10:00~PM 05:00
LUNCH : PM 01:00 ~ PM 18:00
SAT,SUN,HOLIDAY OFF
EMAIL: secbrandjp@gmail.com
MYSHOP INFO
スマホ板はコチラ LINEでお問い合わせ
INFORMATION
会社名:secブランド
取締役 :山本俊介
店舗連絡先:secbrandjp@gmail.com
電話番号:050-4560-1300
住 所:和歌山県田辺市新万5-24川根アパート