Home > 2019最新情報
題目 ルイヴィトンの簡単に切れて耐久性が全くないんです
作者 secbrand
作成日 2019-03-12

ルイヴィトンスピーディバッグの革の全体交換SECブランド線です。
10年以上されたのバッグは、革がサクゴ古く位のように割れて
毀損になる現象です。
非常に自然な現象だよ〜ルイヴィトン事例の中で最も多くの作業です。
革の状態がボイジーでしょうか?革が死んだ状態です。
バッグの持ち手としての機能をするのは難しい状態です。
このようにモノグラムモデル革が古く使用をしていないケースが多いです。
しかし、私たちのトップクリーンに会ったら、10年20年前のモノグラムバッグも
セカンドブランド革の交換修理を通し再使用が可能ですよね!
革の状態が上のように力を受けることができません。
簡単に切れて耐久性が全くないんです。
数十年の歳月の跡が感じられますね。
両側パイピングレザーは、簡単に砕けて。
爪で掻い革が離れていくほど弱いです。
ファスナーの引き手の革は、早目に落ちて紛失ました。
スピーディバックはこちらハンドル革が最も急速に毀損が良いんですよ〜
ブログのケースも多くありますね。

両側翼革も新たに作成ささげね〜
もともとは革の表面にロゴも刻印されているが。
今は見えないほどに革が毀損されています。
内部も非常に汚れてたんです!
私たちのSECブランドのルイヴィトンのレザー交換逸品修理作業は 全体の交換の際の駅汚染防止と全体のバランスを合わせるため 洗濯作業が サービスに行われます。
内部、外部の洗濯をヘジュムこと三革に交換時に乗ることができる
異物感やテタム汚れなどを除去してくれます。
ルイヴィトンスピーディバッグフルレザー交換完成!
本当に贅沢修理作業です。
丈夫な新しい革で革の交換と日焼け作業で仕上げた様子です。
すっきり交換になりました〜
霧島メチルライン作業と自然日焼け作業まで
キレイに仕上げたんです!
翼のロゴも刻まれており〜
反対側には鍵穴も入れたいよ!
ロック持ちであれば歩いて使用すると、なられよ〜
ルイヴィトンのバッグの既存のロゴ装飾らジング装飾は 既存の装飾をそのまま使ってことで装飾の全体的なバランスを合わせます。
新しい装飾が一つでも変わる雰囲気が合わないんですよ。
ジッパーレザーリングもライン作業スライスして交換差し上げ静か〜
力を最も多く受ける部位と、さらにしっかりと作業を差し上げました!
バッグの形状をとるパイピング部分〜すっきり交換 そして、もう一つ!
元角生地毀損が四隅にいました!

この部分は、パイピング交換修理作業時内側にスライドさせて 見えないように作業を差し上げね〜
このように、ルイヴィトンスーパーコピー特に言及がない部分も一緒に作業を致します。
そして、内部、外部ランドリーまでサービスに進み!
古い汚れは残るが、これまで蓄積されたテタムにほこりはスライスを削除されて 革の逆汚染が防止されます。
この程度の名品修理作業なら試してみるませんか〜?
おまけに洗濯と角修理まで。
ルイヴィトンスピーディバッグで最も多く行われる革全体の交換修理作業です。
ブログに最も多く見られる作業でもありますね!
それだけ多くの方が満足に作業ごバッグを使用し明らかにそうです。

       前ページ:グッチ財布長く使用する方法      次ページ:ニールバレットバッグ破れの修理および染色作業
CONTACT
050-4560-1300
MON~FRI:AM 10:00~PM 05:00
LUNCH : PM 01:00 ~ PM 18:00
SAT,SUN,HOLIDAY OFF
EMAIL: secbrandjp@gmail.com
MYSHOP INFO
スマホ板はコチラ LINEでお問い合わせ
INFORMATION
会社名:secブランド
取締役 :山本俊介
店舗連絡先:secbrandjp@gmail.com
電話番号:050-4560-1300
住 所:和歌山県田辺市新万5-24川根アパート