会員登録    JOIN    MY PAGE    EMSの追踪   


Home > 2019最新情報
題目 名品バッグ染色専門店でグッチのバッグ染色ください
作者 secbrand
作成日 2019-03-08

こんにちは〜secブランドです。
新年にもトップクリーンブログを見つけていただきありがとうございます_今回ご紹介する内容は、贅沢グッチバッグの色あせ染色作業です。
革の色は、光を受けたり、時間の流れの中に変色があります。外部的な要因で、あるいは自然に変色になるようになりますよ
外部要因としては、光によって、またはアセトンや他の薬などによって色異変もあります。
今回の韓国 supremeのバッグも光によって色が多く望んたんです〜ここまで色が望む現象は、真のまれでしょう。
名品グッチバッグですが〜バッグの色が何かぎこちないですよね?
フィットします。バッグの前面光を最も多く受ける桁の色が多飛んでしまいました。原色が残っていない。
その後、内側を見てみましょね〜オーマイゴッド! ..原色が内側に残っています。
光を受けない桁ので色が大きく変化がないんです。このように革は、光によって色が抜けたり、変色が起きるよね〜
だからいくら高価なブランド品のバッグであってもこのように色が望ん表と外側が色が異なっています。
代表的にバレンシアがモータ白桃そうです〜内側の鏡の革と外側の袋の革が違います。

また、ジバンシーバッグのパンドラシリーズも同様です。すべての革のバッグは、このように、光によって色が変わったり
原色を失ってしまうことにハング〜
バッグの背面も前面より少ないとしても、色がある程度抜けている状態なんですよ〜
さて、このように激しく色が望んで偏差が生じた場合には、再度、再染色作業で解決が可能ですよ〜
色を変えて染色作業も可能ですが、原色を維持することがあります〜
原色を探して本来の感覚を最大限に探して染色作業完了ハヨトオヨ〜
色をマトチュヌンゲ容易でしたがね。できるだけ自然に〜
内側の原色を比較して可能な限り同様の操作ハヨトグヨ〜
このように下野名品グッチバッグ染色作業完了ハヨトグヨ〜
光によって色が望んだスーパーコピーグッチのバッグの革の染色作業でした。色を合わせる難しさはあったが、 それなりの完成度に作業が完了したんです。このように、革の色希望によるグッチのバッグの染色事例を見ました〜
クローゼットや倉庫に使用をしなくてバッグを入れておいても革の色が変色する現象を見ることができているんです〜
このように革が色が変わって無い再び染色作業で解決が可能ですよ。
名品secブランドで、高級バッグランドリーおよび修理染色作業を経験してみてください〜ありがとうございます。

       前ページ:古い名品グッチバッグ染色作業に外出する準備してください      次ページ:名品バッグ修理ジバンシイのバッグの形状保持ささげた
CONTACT
050-4560-1300
MON~FRI:AM 10:00~PM 05:00
LUNCH : PM 01:00 ~ PM 18:00
SAT,SUN,HOLIDAY OFF
EMAIL: secbrandjp@gmail.com
MYSHOP INFO
スマホ板はコチラ LINEでお問い合わせ
INFORMATION
会社名:secブランド
責任者:山本俊介
店舗連絡先:secbrandjp@gmail.com
電話に連絡する:050-4560-1300
住 所:香港九龍官塘成業街23號成支運工業大廈
18字樓2009室