ブランド一覧 NEW SALE100 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY’S
ブランド一覧 NEW SALE100 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY’S
Home > 2022最新情報
題目 グッチのバッグの革の交換修理/パテントレザーの交換
作者 secbrand
作成日 2019-02-21

今日はグッチのバッグ修理の中よく会うことになる革の交換修理と角穴革ドトデム修理をお見せします。
グッチのバッグは、ジャガードウォン段やPVC素材のモムパンに革に枠や取っ手などを製作して装飾が施されているバッグが
多いのです。そのためか、似たようなモデルでは、同じ問題が発生して多くのお問い合わせがきます。
バッグの持ち手の革の部分との境界線の革そしてバッグの下部の角の部分が、そのようなんですが。
革は、モアテン スーパーコピー使用中のカジムや変色などの問題は、バッグの底両端部分は穴が出始めて
毀損になることをよく見るようになります。このような場合、どのよう修理がされるか気になる点が多い糸ですよ。

今回見せグッチのバッグは、モムパンのPVC素材と装飾革はパテントレザー製。
ハンドルレザーの剥がれなどがあった枠革も同様ですっそしてバッグの下部両側の角が穴が出始めています。
写真でご覧のように革の状態が多く良くありません。
ところどころ皮がむいジドゥト除去部分が目立ってよ。バッグ下隅の部分は穴が所定のますます大きくなって。共通デザインのバッグでよく見えるようになる現象ですが。
このように装飾革が剥がれたり毀損になると革の交換修理する方法があります。
 そして革の光沢度も死んでますよね〜オリジナルはキラキラ光沢のあるパテントレザーなのにんですね。
似たような色と感じのエナメルレザーを入手同じ製作をする作業に修理が仕上がります。

キラキラこれがまさにパテントレザーの魅力ですね〜光沢度生きたし
毀損ハンドルレザー枠レザー下隅の部分の革ドトデムに修理完了しました。
このように、古く毀損装飾革を交換するだけで、新しいバッグの印象を与えますね!
モムパンの日にずっと重ねデアいるパテントレザーは、光沢は多く死んだが、特別な毀損がなく、交換ではありませなかっんです。
残りのパテントレザーは、すべての交換修理そして両端部分の毀損を防いでくれるためドトデム修理作業で
仕上げました。贅沢修理トップクリーンエソヨ〜

グッチ激安:https://www.secbrand.jp/brandcopy-l-930/

       前ページ:今回はグッチレザーバッグの汚れ洗濯しました      次ページ:シュプリームのバッグランドリーレザーケア染色
RECENT