ブランド一覧 NEW SALE100 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY’S
ブランド一覧 NEW SALE100 STREET TOP BOTTOM OUTER SHOES BAG ACC LADY’S
Home > 2022最新情報
題目 シュープリがなぜ今季マイク·ケリーに注目した
作者 secbrand
作成日 2018-11-12

メアコレクションの大きな反響を起こすシュープリム(Supreme),その多彩な正規コレクションだけでも世界中のストリートウェアシーン(Scene)を騒がせるが,それよりさらに話題になるのはやはり広い。 世界スニーカー市場シェア1位を記録するナイキ(Nike)との持続的な協業はもちろん,コムデガルソング(Comme des Garcons),ノースフェイス(The Northh)だ。

しかし,彼らの欲はここにとどまらない。 シュープリムは周りの,あるいは彼らが憧れてやまないアーティストにまで手を差し伸べ,彼らの偉大な作品に赤いボックスロゴを打ち込んでしまう。 その作品のほとんどは荒々しくキッチーで型破りだ. そしてこれは,シュプリム自身の激安メンズファッションブランドを定義するもう一つの方式でもある。 シュープリムは18F/Wコレクションに米国デトロイト出身の現代ビデオ,設置美術家のマイク·ケリー(Mike Kelley)を呼び入れた。 マイク·ケリーの作品は,米国の大衆文化に基盤を置き,大衆と大衆文化の持つ関係よりは,社会の暗い部分を対象にした。 特に,多様なメディアを活用し,家族や学校など現代人の暮らしにあまりにも当たり前にされ,慣れた価値に対する妥当性を引き続き疑った。

今回のシュープリムとの協業では彼が1987年に発表した'More Love Hours Than Can Ever Be Repaid'と91年作'Ahh... 'Youth!'で作品の主体はすべて動物人形だ。 これは,マイク·ケリーの幼年時代への逆行への執着とともに,長い間西洋伝統と芸術の基準として定義されてきた高級芸術とキッチハムに代表される低級芸術の境界を拒否する一つの方法でもある。 さらに米国の象徴的な建築物であるエンパイアステートビルを男性の性器として描写した"Reconstructed History"は学生時代の落書きを芸術として形象化,米国の歴史について劇的な論評を提供する。

シュープリがなぜ今季マイク·ケリーに注目したのか,実際このような疑問と推測はすでに地球上のストリートウェア·マーケットの親玉になったシュプリムにいかなる意味も持たない。 ただ彼らが製作した各種の服に彼らを代弁できるアーティスト,作品を描き出し,自らの満足感と遊戯を得るのだ。 シュプリムでないなら,誰がTOPブランド激安の作品を服に収め,誰がシュプリム·ロゴなどが刻まれていないマイク·ケリーの服を着るだろうか。 今も着実に養成されているシュープリム追従者は,シュープリムのおかげで"アンディ·ウォーホル(Andy Warhol)"ではなく,米国を代表するもう一つのポップアーチストを知っているということ,またはマイク·ケリーの作品を手にしている。

       前ページ:ナイキトレーニングスーツセット      次ページ:SUPREMEワードデザインの実物写真のポスティングです
RECENT